任意整理とは

任意整理とは裁判所などの公的機関を通さずに、弁護士・司法書士が各債権者(消費者金 融・クレジット会社など)と借金の減額、支払方法、今後の利息のカットなどについて交渉する 手続きのことです。

この減額された借金を原則3年(場合によっては5年程度)で返済できる見込みがあれば任意整理を選択することになります。消費者金融との取引期間が長い場合は、かなり高い確率で、借金の大幅な減額が可能です。

また、任意整理は自己破産や個人民事再生と違い、各債権者ごとに交渉することができますので「銀行からの借入れや車のローンはそのまま支払って、消費者金融だけ解決したい」という対応が可能です。

任意整理の手続きの流れ

1 債務整理のご相談・ご依頼
借金の総額・債権者・利率・毎月の
返済額等をお伺いいたし
ます。
      


2 債権者へ受任通知の発送・ 取引履歴の開示請求 
この時点で請求・取り立てはなくなります。債権者への支払いもストップしていただきます。
      

3 取引履歴を基に利息制限法による利息の引き直し計算
これにより本来の借金の総額・過払い金の有無がわかります。
      

4 弁済案・和解案の作成
月々の返済可能額、借金の総額を考えて、どの債権者にいくら支払っていくかを決定します。
      

5 債権者に弁済計画案を提示・和解交渉
債権者に対して、弁済計画案を提示し、和解交渉をします。
      

6 返済の開始
交渉がまとまれば和解契約を結んだ上で返済を開始します。

任意整理Q&A

Q.どのような場合に任意整理が適していますか?

A.利息制限法に基づいて、引き直し計算された借金を原則3年(場合によっては5年)で返済
    できるかどうかが目安になります。不可能な場合は個人民事再生・自己破産を検討する
     ことになります。


Q.周囲に内緒で任意整理をできますか?

A.可能です。任意整理は裁判所を介しませんし、債権者との交渉はすべて代理人である
    弁護士・司法書士が行いますので、周囲に知られず手続きを進めることができます。


Q.保証人がついているのですが、任意整理できますか?迷惑をかけたくありません。

A.保証人がついている借金を整理すると、債権者は保証人に請求することになります。保証
    人に迷惑をかけたくないのであれば、保証人がついた借金は、整理の対象から外すことに
    なります。保証人がついている借金を整理しなければならない場合、事前に事情を説明し
    て、場合によっては保証人も含めて債務整理をする必要があります。ただし、利息の引き直
    し計算をした結果、過払い金が発生したのであれば、保証人に請求がいくことはありませ
    ん。


Q. 任意整理の交渉を自分でやってみたいのですが?

A.本人が私的に交渉することはもちろんできますが、なかなか応じてくれませんし、もし、応じ
    たとしても不利な条件で和解させられることがほとんどのようです。専門家である弁護士や
    司法書士に依頼することをお勧めいたします。


Q. 任意整理を依頼すると、本当に取り立ては止まりますか?

A.弁護士・司法書士が任意整理の依頼を受け代理人となり、債権者に受任通知書を送ると
    債務者への取り立ては止まります。貸金業法や金融庁のガイドラインで禁じられているから
    です。


Q. 自動車ローンの残債務は任意整理できますか?

A.通常、自動車を購入するとローンの支払いが終わるまで、所有権はローン会社にありま
    す。その状況で、任意整理をすると自動車は引き上げられてしまいます。自動車を手放した
    くない場合は、任意整理の対象から除外する必要があります。


Q. 住宅ローンの残債務は任意整理できますか?

A.通常、不動産を担保に取られているので、任意整理をしようとすると債権者は抵当権を実
    行して債権を回収してしまう可能性があります。従って、住宅を残したまま任意整理をする
    のはほぼ不可能です。住宅ローンを任意整理の対象から除外するか、個人民事再生の
    住宅ローン特則を検討する必要があります。


Q.任意整理をすると、どの程度借金を減額できますか?

A.一概には言えません。ただ、取引期間が長ければ長いほど、減額される割合が大きくなる
    傾向にあります。通常5年位の取引で大幅に減額され、7年以上の取引で過払いの状態に
    なることが多いようです。(これはあくまでも1つの目安であって、任意整理を依頼する直近
    に多額の借入れをしていた場合や小額の借入れ・返済を繰り返していた場合はこの限りで
    はありません。)


Q.利息制限法の範囲内の利率で借入れをしている場合に、任意整理をするメリットは
   ありますか?

A.利息制限法の範囲内の利率で借入れをしている場合、減額は不可能です。減額はできま
   せんが、ほとんどの場合、今後の利息をカットした形で返済をしていくことができます。


Q.税金を滞納しているのですが、任意整理できますか?

A.税金、社会保険、年金などのような債務は任意整理できません。ただ、分割納付、延滞金
    の減額・免除に応じてくれることがありますので、相談してみることをお勧めします。

任意整理のメリット・デメリット

メリット

  • 請求・取り立てが止まります。
  • 司法書士が代理人として全ての手続きを行うので時間的な拘束を受けません。基本的には、最初の1度だけ(依頼時)事務所にお越しいただくだけで手続きは済みます。
  • 裁判所に行く必要がありません。
  • 業者と司法書士間の交渉のみの手続きのため、情報が漏れるようなことはありません。他の手続きに比べ、最も周囲に事情を知られない方法です。
  • 整理する借入先を選択することができるので、保証人がついている借金・会社からの借金・住宅ローン・自動車ローンを整理の対象から外すことができます。(対象から外した債権者へはそのまま返済を続けます。)
  • 任意整理の手続きが終わるまでの間、毎月の返済を一時中断することができます。
  • 利息制限法で定められた15%〜20%の利率で取引当初から計算し直すため、これを超過する金利が設定されていた場合、払い過ぎた利息を元本に充当することができます。それにより借金が減額される可能性があります。
  • 利息の引き直し計算を行い、既に完済し過払い金が発生していた場合、過払い金を回収します。


デメリット

  • 信用情報機関にいわゆるブラックとして登録されるため、5年〜10年程度は新たな借入れ・クレジットカードの作成が困難になります 。
  • 残った元本は返済しなければならないので、定期的な収入が必要です。
  • 強硬な債権者の場合、交渉が決裂して和解が成立しない場合があります。