自己破産とは

自己破産とは、今ある借金を利息制限法の利率に引き直しても、返済が不可能な場合、裁判所に申し立てることにより、借金を免除してもらう手続きです。 財産もなくなりますが、借金もなくなる万策尽きた最後の方法といえます。財産を失うといっても、一定額の現金・生活必需品等は持ち続けることができます。

自己破産の手続きの流れ

同時廃止の場合

債務整理のご相談・ご依頼

各債権者に受任通知を発送・取引履歴の開示請求
         
自己破産に必要な書類の収集・申し立て書類の作成

自己破産の申し立て

裁判官と面接(破産審尋)

破産手続開始決定 
同時廃止(めぼしい財産がない場合)

再び裁判官と面接(免責審尋) 
      

免責決定     

免責の確定 

自己破産のメリット・デメリット

メリット

・弁護士・司法書士に依頼すれば、貸金業者の請求・取り立てが直ちに止まる。

・免責の決定がされると、借金の返済義務がなくなる。

・無収入でも利用することができる。

デメリット

・一定の財産を除いて、全ての財産が処分される。

・自己破産の手続期間中、宅地建物取引主任者・保険外交員・警備員等の資格制限がある。

・破産管財人が選任された場合には、破産管財人に郵便物が郵送され自由に開封される。

・保証人がついている借金については、保証人に請求がいくことになる。

・一度免責が確定したら7年間は再び自己破産をすることができなくなる。

・5年〜10年、新たな借入れやクレジットカードの作成が困難になる。

・官報に掲載される。

・破産者名簿に記載される。(一定期間)

・自己破産の手続の期間中、住所の移転や旅行を制限される場合がある。

メールでのお問い合わせ

≫ 無料電話相談はコチラ