訴訟費用

過払い金を取り戻すのに裁判を行った場合は、別途訴訟費用がかかりますが、その内訳は下記の通りです。

(1)印紙代 (訴額に応じて訴状に貼付する印紙代です。)

 訴額
 (万円)

 印紙代
  (円)
                  

 訴額
 (万円)

 印紙代
  (円)     

 訴額
 (万円)

 印紙代
  (円)

 訴額
 (万円)

 印紙代
  (円)

   10    1,000   120  11,000   320  21,000   550  32,000
   20    2,000   140  12,000   340  22,000   600  34,000
   30    3,000   160  13,000   360  23,000   650  36,000
   40    4,000   180  14,000   380  24,000   700  38,000
   50    5,000   200  15,000   400  25,000   750  40,000
   60    6,000   220  16,000   420  26,000   800  42,000
   70    7,000   240  17,000   440  27,000   850  44,000
   80    8,000   260  18,000   460  28,000   900  46,000
   90    9,000   280  19,000   480  29,000   950  48,000
   100  10,000   300  20,000   500  30,000  1,000  50,000

(2)予納郵券(裁判所に納付する郵便切手代です)

    @管轄が東京簡易裁判所の場合6,000円
    A管轄が東京地方裁判所の場合6,400円

    ※ 訴額が140万円以下の場合は簡易裁判所の管轄,140万円を超える場合は地方裁判
        所の管轄です。 

(3)代表者事項証明書

    被告である貸金業者の代表取締役が誰であるかを確認するため、「商業登記簿」の代表者
    の記載のある資格証明書の原本を訴状に添付する必要があります。代表者の記載のある
    資格証明書を代表者事項証明書といい法務局で取得します。

    1社 1,000円


    ※訴訟費用は回収した過払い金から精算いたしますので,あらかじめご用意していただく
       必要はありません。